老後の貯蓄の平均額はどれくらい?平均値からみる貯金額の目標の目安は?

老後資金の必要額は、3,000万円とも1億円とも言われています。

定年後に必要になる老後資金を生活費のアンケート結果から試算してみましたが、最低限必要な生活費でも約1,800万円、レジャーなどゆとりある老後のための生活費は約5,800万円といった結果になりました。

関連記事です ⇒ 老後資金はいくら必要?今から準備して、貯蓄する計画を立てましょう。

では、今の老後世代である60歳以上の方はどれくらい貯蓄があるか気になりませんか?

老後の貯蓄額の平均値を知ることで、これから老後資金をいくら貯められるかの目安にもなると思います。

気になる高齢世帯の平均貯蓄額と内訳を調べましたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

60歳以上、定年後の貯蓄額の平均と内訳は?

以前、各年代別の平均貯蓄額を調べたことがありましたが、その調査結果での60代の平均貯蓄額は2,133万円、70代の平均貯蓄額は2,072万円となっていました。

関連記事です ⇒ 貯蓄額の年代別の平均はいくら?必要となる老後資金を考えてみよう!

しかし、貯蓄の内訳が分からないので、どのような方法で老後資金を貯めているのか分かりませんでしたが、総務省の家計調査報告で、高齢無職世帯の平均貯蓄額と内訳の推移が示されている資料を見つけました。

(出典:総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)」平成27年

2015年を見ると、全体で2,430万円が貯蓄額の平均になっているので、年代別の結果に近い結果になっていることが分かります。

二人以上の世帯のうち高齢無職世帯(世帯主が60歳以上で無職の世帯)の1世帯当たり貯蓄現在高は 2430万円で,前年に比べ58万円,2.4%の増加となった。
貯蓄の種類別にみると,通貨性預貯金は463万円で,前年に比べ27万円,6.2%の増加,有価証券は431 万円で,前年に比べ23万円,5.6%の増加などとなっている。

(出典:総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)」平成27年

2010年からの推移を見ると、年によって多少増減はあるものの2,000万円以上は老後資金を準備している世帯が多いことが分かります。

貯蓄の3割以上が有価証券と生命保険

高齢無職世帯の貯蓄の内訳を見ると、定期性預貯金(定期預金)と通貨性預貯金(普通預金)の現金が6割を超えていますが、有価証券と生命保険の現金以外の金融商品を合わせると3割を超えています

特に貯蓄性の高い個人年金保険などは、若い頃から加入していないと返戻率が元本割れしてしまう場合がほとんどなので、老後資金を早いうちから計画的に貯めている人が多いと言えます。

NISA(ニーサ)で投資の運用益が非課税になる

NISA(ニーサ)とは、2014年1月に開始された少額投資非課税制度のことで、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額まで非課税にする制度です。

通常、株や投資信託などの運用益や配当金の税金は約20%かかりますが、通常の投資と別にNISA口座を開設すれば年間120万円まで非課税になります。

ただし、非課税になる期間は5年間で、5年を過ぎたら新たなNISA口座に入れ直して非課税のまま株を持つか、売るか、非課税にならない特定口座(一般口座)に移管するか選ぶことになります。

例えば、100万円で株を買って、その後150万円に値上がりした時に売ると売却益は50万円です。

しかし、特定口座か一般口座だと売却益に対して約20%税金がかかります。

50万円 × 20% = 10万円

50万円 - 10万円 = 40万円

10万円が税金で引かれるので実際に手に入る金額は、40万円になります。

NISAであれば、非課税なので売却益である50万円をそのまま手にすることができます。
(売買手数料がかかる証券会社もあります)

スポンサードリンク

個人年金保険で老後資金を計画的に貯める

個人年金保険とは、貯蓄性の高い保険商品で、ある一定期間保険料を積み立てて将来年金として受け取ることができます。

関連記事です ⇒ 老後資金は保険で貯める?個人年金保険は本当に必要?

個人年金の種類によっては元本割れのリスクもありますので、もしも契約する時は、それぞれの特徴や返戻率を確認した上で契約するようにしましょう。

老後の貯蓄はバランスを考えて準備する

老後の貯蓄額の平均額の内訳を見ると、約1,500万円は貯金などの現金、約400万円を保険商品、約400万円を投資で用意していることが分かります。

40歳の人がこの貯蓄額を65歳までに用意するには、毎月現金を5万円、保険商品は返戻率、投資は運用益にもよりますが、毎月それぞれ約13,000円必要になります。

教育資金や住宅を購入の費用などもかかるので、2,000万円以上もの金額を貯めることは簡単ではありませんが、早くから準備をしていくと不可能ではないと思います。

預金の金利が低いので、現金だけで老後資金を用意しようとしてもなかなか貯まりません。

しかし、投資や保険も元本割れのリスクがあるので、リスクを考えた上でバランスよく運用していきましょう。

まとめ

老後貯蓄の平均金額を見て、「貯められそうにない、どうしよう」「思ったより少なくてホッとした」など、いろいろな感想を持ったかもしれません。

貯蓄が平均より多くても、無駄使いしたり、将来消費税が上がったり、物価が上がると貯蓄だけでは足りなくなります。

また、病気などで医療費が予想以上にかかったり、長生きすると準備していた資金では到底足りません。

貯蓄額の平均はあくまでも参考程度にとらえて、できるだけ早く準備することで老後の不安が減ると思います。

また、定年を過ぎても長く働けるように健康に気をつけましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする