老後の住まいはマンションか戸建か?住み替える時に注意することは?

子供が小さい時に住宅購入したものの、老後に子供の独立や定年退職でライフスタイルが変わり、住み替えを考える方が年々増えています。

老後は現役時代と住まいに求めることが大きく変わるので、マンションにするのか、戸建てにするのか、と誰もが悩むことです。

老後の住まいを検討する時に、マンションと戸建てのそれぞれのメリットとデメリットを様々な面から考えてみますので、老後の住まい選びの参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

老後の住まいはマンションか戸建てか?

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

人によって住まいに求めるものが違うので、マンションと戸建てのメリットとデメリットを踏まえて決めると良いでしょう。

一般的なメリットとデメリットは次のようになっています。

しかし、実際の物件によって違いますので、見学など調べてから決めるようにしましょう。

マンションのメリット

  • 物件の購入費が、戸建てより安くなる傾向がある(立地条件が同じ場合)
  • 駅の近くなど、交通の便が良いことが多い
  • 高層階の場合、日当たりや眺望が良い
  • オートロックや監視カメラなどが設置されているので、セキュリティの面で安心
  • 管理費や修繕費を支払っているので、共用部分の清掃や修繕を任せることができる
  • 階段が無いので老後住みやすく、介護も受けやすい
  • 売却しやすい

マンションのデメリット

  • 維持費用(管理費や修繕積立金)、駐車料金などがかかる
  • 資産価値は戸建てより低くなる(立地条件が同じ場合)
  • 隣や上下階の騒音が気になる、周りに騒音を出しているか気になる
  • バリアフリーなどリフォームする時に、思うようにできないことが多い
  • 固定資産税が戸建てより高い場合が多い

戸建てのメリット

  • マンションのように維持費用や駐車料金がかからない
  • 土地付きなので、資産価値がマンションより高くなる(立地条件が同じ場合)
  • ガーデニングなどが楽しめ、ペットを飼うのも自由
  • 集合住宅と違い独立しているので、プライバシーや騒音の面で優位
  • バリアフリーなど、リフォームする際に自由にできる

戸建てのデメリット

  • 物件の購入費用がマンションより高くなる(同じ立地条件の場合)
  • 交通の便が良いなど立地条件が良い物件は高い
  • 南側の建物との距離や高さによって、日当たりが悪い場合がある
  • セキュリティなど、自分で対策する必要がある
  • 修繕費用を自分で準備しなければならない
  • 老後、階段の上り下りなどが負担になる

老後の住まいはマンションの方が人気

アンケート結果を見てみると、老後住み替えをした人の半数以上がマンションを選んでいることがわかります。

老後の住み替え先

(出典:SUUMO(スーモ)「シニアの住み替えポイント10」

マンションは、駅や病院、スーパーに近いなど、交通の便や生活環境が整っていることが多いため、老後に運転することが出来なくなった時にも住みやすいのが魅力です。

また、ワンフロアなので階段の上り下りが無く、老後に足腰が不自由になった場合でも無理なく過ごせます

老後は現役時代と住まい選びで重視するポイントが少し違っているためだと考えられます。

老後住み替え_重視

(出典:SUUMO(スーモ)「シニアの住み替えポイント10」

戸建てでも交通の便や周辺環境が整っている物件がある可能性もありますので、自己資金や老後の生活に合った物件を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

老後の住み替え、その他のポイント

老後の住み替えで検討する時には、マンションか戸建てかだけではなく、新築か中古か、家族との距離、賃貸にするかどうか、など予算と一緒に考えなければいけません。

新築にするか中古にするか

中古の住宅の方が安いので、予算に余裕が無い場合は中古物件を中心に探すと良いでしょう。

中古物件の場合、間取りや諸費用(中古マンションの場合、修繕積立金など)、物件の状態などに注意した方がいいです。

中古物件を購入した後に、バリアフリーなどのリフォームをする方も多いようです。

家族との距離

老後、病気や介護が必要になった場合だけでなく、孫と気軽に会いたいなどの理由から、自分の娘や息子の家族の近くに住む「近居」が増えています。

近居は、政府の後押しもあり、中には近居する時の購入費用や転居、登記などの費用を助成する自治体もあります。

老後の住み替えを考える時には、家族にも相談して物件探しをすると良いでしょう。

賃貸か購入か

賃貸であれば、相続などの問題も無く固定資産税もかからないメリットもありますが、毎月家賃を払うので年金収入のみの場合は負担になることもあるかもしれません。

また、高齢者は認知症や孤独死などの恐れから、物件を借りにくい場合もあるようです。

高齢者専用の住宅もありますが、さまざまなサービスがあるため価格が高くなってしまいます。

まとめ

老後の住み替えには、ある程度まとまった資金が必要になるので、計画的に準備する必要があります。

老後の住まいは、家族に相続の問題を残すことになります。

老後の再スタートに夢が膨らみますが、予算や相続、将来の介護など、家族の理解を得た上で話を進めるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする