親の家を相続したくない!引き継ぐと空き家になるなら、相続放棄した方がいいのか?

近年、空き家が問題になっていますが、親が亡くなった後に住んでいた自宅をどうするのかで頭を悩ませている人も多いと思います。

一昔前であれば、遺産相続で親族で家を誰が継ぐか、どう分けるかでモメることが多かったのかもしれません。

しかし、子供に自分の家があって暮らしている場合は、実家を相続したくないと考えている人が増えているのです。

親の家を相続した場合の費用と、相続放棄する場合についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

親の家を相続した場合の費用は?

親の家が自分の実家でもあると、誰も住む予定がなくても思い入れがあって、なかなか売却する気持ちになれないことがあります。

また、あなたは売却したくても、他の相続人が売却したくなくてモメてしまうケースもあります。

では、もしも実家を相続した場合、どのような費用がかかるのでしょうか?

相続税の総額とは?

親が亡くなって、土地や建物、現金を相続する場合に、相続税がかかる場合があります。

相続税には遺産に係る基礎控除額によって、課税額が異なります。

基礎控除額は、相続人の人数によって違い、次の計算式で求めることが出来ます。

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

例えば、父親が亡くなって相続人が母親と自分(子Aとする)と弟(子B)の3人だった場合、

3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

つまり、相続人が3人だった場合は4,800万円までであれば、相続税がかからないことになります。

この場合は4,800万円を超えると相続税の税率に応じて、課税されます。

(出典:国税庁「相続税の税率」

基礎控除額を超える場合の相続税の総額の計算方法は、次のようになります。

父親が亡くなって、母と子A、子Bの3人の相続人、相続財産が土地5,000万円、建物2,000万円、現金1,000万円だった場合の計算方法は次のようになります。

課税される遺産総額は、財産から基礎控除額を引いた額になります。

5,000万円 + 2,000万円 + 1,000万円 - 4,800万円 = 3,200万円

相続人が複数いる場合は、法定相続分によって分けられます。

この場合、母は1/2子Aと子Bはそれぞれ1/4となります。

以上のことから、相続税の総額を計算すると、

母 : 3,200万円 × 1/2 = 1,600万円
1,600万円 × 15% - 50万円 = 190万円

子A : 3,200万円 × 1/4 = 800万円
800万円 × 10% = 80万円

子B : 3,200万円 × 1/4 = 800万円
800万円 × 10% = 80万円

190万円(母) + 80万円(子A) + 80万円(子B) = 350万円

この場合は、合計すると350万円が相続税としてかかることになります。

相続税以外にかかる費用は?

親の家を相続した場合、上記の例では4,800万円未満だと相続税はかかりません。

しかし、相続した家に対して固定資産税が毎年かかることになります。

それに人が住んでいない家は傷むのが早いので、維持管理するための費用がかかります。

空き家にすると維持管理費がかかると理由から、家を取り壊して更地にすると固定資産税が約6倍高くなり、取り壊す費用もかかってきます。

空き家にしても、取り壊して更地にしても、固定資産税などの費用がかかることになるのです。

スポンサードリンク

相続放棄した場合は?

誰も住まない家だと費用もかかるので、相続放棄することができます。

相続放棄する場合は、家は相続したくないけど、現金は相続したい、といったことはできません

相続の放棄とは、被相続人の財産(資産および負債)をすべて承継しないことです。

相続放棄するには、相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に申し出ることが必要になりますので、早めに判断しなければいけません。

また、子が相続放棄した場合、孫が代襲相続することはできません。

もし相続人全員が相続放棄した場合の遺産は、国庫になります。

しかし、相続放棄してもその権利を引き渡すまでの間は、きちんと管理していかなければいけません。

もしも相続放棄した空き家の屋根が台風で飛んで、隣の家の人がケガをした場合は損害賠償の責任を負う可能性があります。

相続人全員が相続放棄した場合は、「相続財産管理人」を選ぶ必要があります

相続財産管理人とは、相続する人がいない財産を管理し、必要であれば債務を清算し、その後残った財産を国に帰属させる責任を持つ人のことです。

相続財産管理人は、被相続人が最終的に居住していた地域の家庭裁判所に申し立てをして選任してもらうことになります。

相続放棄をしても、相続財産管理人が決まるまでは空き家を管理する義務がありますので、注意しましょう。

相続で揉めないために

遺産が多くても少なくても、相続すると費用がかかります。

相続放棄しても、相続財産管理人が決まるまでは相続財産を管理する義務が生じます。

家などの不動産を登記する場合は、相続人全員の承諾が必要で、誰が1人でも反対すると時間がかかります

もしも親が亡くなって、相続するかどうか、誰が相続するか、どのように相続するかモメないためにも、できれば元気なうちに相続人である親の配偶者や兄弟姉妹と話し合っておく必要があります。

その際、親が住んでいる自宅の課税評価額を自分で調べておくと話がスムーズに進むことがあります。

まとめ

相続は、遺産が多くても少なくても大変な労力がかかります。

葬儀や法事などで忙しく、相続放棄しようと思ったら3ヵ月が過ぎていたということもあります。

不動産の登記は行政書士、売買は不動産屋、相続税など税金のことは相続の知識がある税理士などの専門家に相談した方がいいです。

もしも親が認知症などになれば、相続のことで話し合うこともできなくなるかもしれません。

普段は話しにくいことかもしれませんが、親が元気なうちに自分の考えを示しておけば親も本気で考えるキッカケになることがあります。

関連記事です ⇒ 親の老後が心配。お金や介護が不安になる前にできること。

遠くに住んでいる場合や、今まであまり親の老後の話をしてこなかった場合は、今からでも少しずつコミュニケーションをとって話しやすい環境を作ることからはじめてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする