保険の見直しに適した時期とは?保険料を節約するためには見直しが必要か?

老後資金を準備する時、今の支出の中で節約できることの中の1つに保険の見直しがあります。

保険は入りっぱなしではなく、人生の節目の時期ごとに見直す必要があります。

マイホーム、教育費、老後資金、保険料は人生の4大支出とも言われ、その中の1つの保険料はは長期に渡って支払いが続くため、家計への負担が重くなります。

保険料を見直すことで、支出を大幅に減らすことも可能で、老後資金を準備するのに有効な手段と言えます。

保険料の見直しで支出を減らす上で、大切なポイントや時期を調べてみました。

スポンサードリンク

「遺族年金制度」で、保険の入り過ぎを防ぐ

img_3053
ご主人にもしものことがあった場合、国の「遺族年金」制度が受けられます。

自営業など、国民年金に加入している方は「遺族基礎年金」のみですが、サラリーマンなど厚生年金に加入している方は「遺族基礎年金」に加えて「遺族厚生年金」も受けられ手厚くなっています

「遺族基礎年金」は、加入期間などの要件を満たせば、現時点で
780,100円 + 子の加算額
(子供の人数によって、子供が18歳になるまで加算され、第1子・第2子は各 224,500円、第3子以降は各 74,800円)となっています。

例えば、自営業のご主人が亡くなり18歳未満のお子さんが2人いる場合の年金額は、
780,100円 + 224,500円 × 2 = 1,229,100円
つまり、1ヵ月に102,425円受け取れます。

「遺族厚生年金」も要件があり、収入や加入月数によってもらえる額が異なりますが、老齢厚生年金の報酬比例部分の3/4相当額の年金額が受け取れます
日本年金機構HPより)

また「遺族年金」は奥様がなくなった場合も要件を満たせば、旦那様でも受けられます

子供がいない方でも受けられる制度となっています。
(ただし、子供がいない会社員の妻が亡くなった場合や、子供がいない自営業の夫又は妻が亡くなった場合、支給されないことがあります)

しかも、遺族年金は非課税となっていますので、所得税はかかりません

私の場合、保険会社に保険相談に行っても、「遺族年金」のことまで詳しく説明してくれる担当者はいませんでした。

しかし、生命保険の見直す際に遺族年金制度があることを知っていると、多額の保険料をかけずにすむので減額が可能になります。

スポンサードリンク

保険の見直しが必要な時期とは?

多くの人が結婚する時や子供が産まれた時、保険に加入していると思います。

それ以前に保険に入る場合もあると思いますが、あまり考えず保険会社のすすめる商品にそのまま加入していることもあるのではないでしょうか?

保険の見直しが必要な時期について、まとめてみましたので参考にしてくださいね。

結婚した時

結婚すると、特に妻は扶養内で働くなどライフスタイルが大きく変わる場合が多いです。

生活や働き方が変わると同時に、将来のライフプランについても話し合い、今までお互いに加入していた保険が必要かどうか精査する必要があります。

また、今まで加入していた保険の受取人が親のままになっている場合もあるので、受取人の変更と共に不要な保険や保障内容の見直しなどを行うようにしましょう。

妊娠、出産した時

女性の場合、妊娠中は医療保険に入ることが出来ない場合もあります。

もしも、妊娠前から医療保険に加入していたら、出産時に帝王切開になると保険金が支払われます。

また、子供のための教育費を貯めるために学資保険に加入したり、万が一の時に遺族年金と死亡保険金で生活が出来るようにするために保障内容を見直す必要があります

出産後は育児に追われ、ゆっくり考えることができなくなりますので、できれば妊娠中に準備しておくようにしましょう。

マイホームを住宅ローンで購入して、団信に加入した時

住宅を購入して、住宅ローンを組んだ時に多くの人が「団体信用生命保険(団信)」に加入します。

団信とは、住宅ローンを借りた人が亡くなったり、高度障害になった場合に、金融機関が残った住宅ローンを支払ってくれるという保険です。

つまり、ご主人にもしものことがあっても、住宅費に関しては心配しなくてよくなるということです。

住宅ローンを組んだ時に団信に加入したら、生命保険の死亡保障額を見直して月々の保険料を減らすことを考えましょう。

ちなみにウチの場合は、団信に加入しなかったのでその分住宅ローンの金利が低くなっています。

団信に加入しなかった場合には、ローンの残高と同等の保障のある掛け捨ての生命保険に加入した方が安心です。

子供が独立した時

子供が独立すると、今までかかっていた教育費がかからなくなるので、万が一の時の死亡保険金を低く抑えることができます

また、医療保険やがん保険も高額療養費制度があるので、貯蓄が十分にできていたり、病気が長期に及ぶことがなければ、保障内容を見直してもいいかもしれません。

医療費が高額になった時、高齢者はどうする?高額療養費制度とは?
老後、不安になるのはお金だけでなく、健康だと思います。 定年過ぎて働きたい場合や、定年後働かなくても健康でなければ何もできません。 ...

老後資金がどれくらい準備できるかも具体的に見えてくる時期なので、ライフプランと一緒に保険の見直しが必要になります。

保険の見直しで注意するポイントは?

保険の見直しで1番大事なことは、必要保障額を正しく知ることです。

それぞれの人によって、その人の人生のライフステージによって必要保障額が変わるので、人生の節目に保険を見直して保険料の払い過ぎを防ぐようにしましょう。

必要保障額は自分で調べても良いですし、FP(ファイナンシャルプランナー)などのプロに試算してもらうと、具体的な提案もしてもらえます。

しかし、保険についてはいろいろな種類があり、サービスも時代と共に変わるので、保険の知識があるFPに相談すると良いでしょう。

保険の見直しの相談で損しないよう注意するポイントは?口コミなどの評判は?
保険は、生活の中で考えられる万が一のリスクに対し、公的制度だけでは足りない保障を補う大切なものです。 しかし、50代になると住宅ローン...

まとめ

結婚した時や子供が産まれた時、子供が独立した時など人生の節目が保険を見直すタイミングと言えるでしょう。

その他に、新しい保険商品が出来た時、国の公的制度が変わった時、医療が進歩した時、離婚など家族の人数が変わった時、保険の更新時期なども保険の見直しの時期です。

ご主人に万が一のことがあった場合の備えに生命保険に加入する時に、受取額を高く設定すれば当然月々の保険料も高くなってしまいます。

また、生命保険の保険金を受け取る時には、所得税や相続税などの税金がかかることも考えなければいけません。

国の制度などを理解し、しっかりと情報収集してから保険を見直しするようにしましょう。

「遺族年金制度」を上手く利用して、生命保険の入りすぎをやめて月々の保険料を節約し、老後資金を増やすようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする