傷病手当金を退職後にもらうには?もらえる金額や期間は?

もしも、病気やケガで働けず仕事を長期間休むことになったら、収入が無くて不安になります。

通勤途中や仕事が原因のケガや病気に対して支払われるのが、労災(労災保険制度)です。

しかし、仕事以外で病気やケガになってしまった場合の保障はあるのでしょうか?

会社員であれば、病気やケガで長期間休んだ時にもらえる「傷病手当金について、ご紹介します。

スポンサードリンク

傷病手当金とは?

38958eb7797893c335795422962d5284_s
傷病手当金」とは、会社の社会保険に加入している人が病気やケガが原因で会社を長期間休み、会社から給与をもらえない時に生活を保障する制度です。

会社の社会保険に加入していれば、健康保険組合から受けられます。

したがって、会社の社会保険に加入していないパート勤務の人や自営業者は受けることができません

傷病手当金が支給される条件とは?

傷病手当金をもらうには、次のことをすべて満たすことが条件となります。

仕事以外が理由の病気やケガを療養するために休んでいること

仕事以外の病気やケガに対して傷病手当金が支給されるので、仕事中や通勤途中の事故などが原因の労災や、美容整形など病気とは言えないものは対象外になります。

仕事に就くことができないこと

傷病手当金を受けるには、病気やケガが理由で仕事に就くことができないことを医師に証明してもらうことが必要になります。

連続して3日間を含み、4日以上仕事に就けないこと

仕事以外の病気やケガの療養のために仕事を休んだ日が、連続して3日間(待機期間)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に支給されます。

連続した3日間である「待期期間」には、土日などの公休日や有休を含みます

待期期間

(出典:協会けんぽ「病気やケガで会社を休んだとき 」

休業中に給与の支払いが無いこと

仕事以外の病気やケガの療養のために休んでいる期間の生活保障が目的となりますので、給与が支払われているのであれば傷病手当金は支給されません

有休であれば、休んでいても給与が支払われるので傷病手当金が支給されません。

もしも給与を受け取っても、傷病手当金の額よりも少ない場合、その差額が支給されます。

傷病手当金の支給額は?

傷病手当でもらえるお金は、次のようにして計算されます。

1日当たりの支給額 = 

支給開始以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額 

÷ 30日 × 2/3

(出典:協会けんぽ「病気やケガで会社を休んだとき 」

例えば、12ヵ月のうち4ヵ月間の標準報酬月額が26万円で、8か月間が30万円、待機期間後40日病気で休んだ場合、

(26万円 × 5ヵ月 + 30万円 × 7ヵ月)÷ 12ヵ月 ÷ 30日 × 2/3

= 支給日額 7,593円

支給日額 7,593円 × 40日 = 303,720円

40日休んで、約30万円もらえたら生活がかなり助かります。

スポンサードリンク

傷病手当が受け取れる期間は?

傷病手当金を受け取ることができる期間は、最長で1年6ヵ月となっています。

仕事に復帰して、また同じ病気で休んだ時は支給されますが、最初に傷病手当金が支給された日から1年6ヵ月経過すると、不支給となります。

傷病手当期間

(出典:協会けんぽ「病気やケガで会社を休んだとき 」

傷病手当金は退職後、もらえる?もらえる期間は?

退職後に傷病手当金をもらうためには、いくつかの条件があります。

  • 退職日に仕事に就くことができないこと
  • 退職日までに健康保険に継続して1年以上、加入期間があること
  • 退職日に傷病手当金をもらえる状態にあること
  • 傷病手当金をもらい始めてから、1年6ヵ月以下であること

退職でも条件を満たせば、傷病手当金をもらうことはできますが、もらえる期間は在職中と同じように最初の支給から最大で1年6ヵ月以下となります。

(出典:協会けんぽ「病気やケガで会社を休んだとき 」

まとめ

傷病手当金は、会社員であれば病気やケガで働けない時の生活保障ですが、意外と知られていないことが多いです。

退職後も条件を満たせばもらうことができるので、病気やケガでやむを得ず退職することになった場合にも遠慮せずに申請しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする