配偶者控除の見直しでパート主婦はどうなる?150万円の壁とは?

つい先日、配偶者控除の見直し案が発表され、2018年1月から所得税の配偶者控除については、控除を受けられる配偶者の給与収入の上限を今の103万円以下から150万円以下に引き上げることが盛り込まれました。

老後資金や生活費のために、家庭とのバランスをとりながらパートで働いている主婦は多いと思います。

今までの103万円の壁が150万円に上がったので、一見メリットが多いように思いますが、実際はどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

130万円(又は106万円)の壁は残ったまま

ede5d4ac1a6f1be6e042b9616f099c4b_s
今回新たにできた150万円の壁とは、所得税についてだけです。

社会保険(健康保険、年金)の壁である、130万円又は106万円の壁は残ったままになります。

他にも、各自治体で違う住民税の壁(私の市では98万円の壁)も、どう変わるのか分かりません。

これから、106万円、130万円、150万円の所得別に手取り収入を検証していきましょう。

106万円の壁

106万円以上で社会保険の負担が出てくる人は、次の条件に全て当てはまっている人です。

  • 勤務時間が週20時間以上
  • 1ヵ月あたりの賃金が88,000円(通勤費込、見込年収106万円)以上
  • 雇用期間が1年以上の見込み
  • 勤め先の会社の従業員数が501人以上
  • 75歳未満
  • 学生以外

この条件に当てはまらない人は、106万円を超えても社会保険に入らなくても大丈夫です。

例えば、パート収入が106万円で上記の条件の方だと次のようになります。

<本人(パート主婦)の負担>
社会保険:年16万円程度(月額13,000円程度)会社と折半
手取り:90万円程度

130万円の壁

今まで社会保険の負担が無かった人も、130万円以上になると社会保険に加入しなければいけません。

例えば、パート収入が130万円だと次のようになります。

<本人(パート主婦)の負担>
社会保険:年19万円程度(月額16,000円程度)会社と折半
手取り:111万円程度

パート収入が130万円を超えていても、会社での勤務日数、勤務時間共に正社員の4分の3を超えてなければ、会社の社会保険(健康保険と厚生年金)に入れず、自分で国民健康保険と国民年金に入る場合もあります。

逆に130万円未満でも、勤務日数、勤務時間共に正社員の4分の3を超えていれば、会社の社会保険に入れる場合があります。

会社の社会保険に入ることができるかどうかは、お勤めの会社で確認してみましょう。

スポンサードリンク

150万円の壁

150万円以上になると、社会保険だけでなく所得税がかかってきます。

今は、まだ資料が無いので所得税の税額は、現在の103~106万円の人と同じ額で計算してみます。

例えば、パート収入が150万円だと次のようになります。

<本人(パート主婦)の負担>
所得税:年1,000円程度
社会保険:年22.8万円程度(月額19,000円程度)会社と折半
合計:年22.9万円程度の負担
手取り:127.1万円程度

150万円を超えると、夫も所得税の負担が増えます。

他にも住民税(妻も夫も)の負担がありますが、計算には入れていません。

また、子供の人数など扶養の人数によって夫の控除額も増えます

「生命保険控除」などもあり、ご家庭の状況によって負担額は違いますので、上記の負担額はあくまで参考程度になっています。

パート勤務でも年末調整で「生命保険控除」などができ、払い過ぎた所得税や住民税が還付されます。

その他、今回の配偶者控除の見直しで、夫の給料で支払われている「配偶者手当」の支給基準が変わる動きが広がるかどうかも注意したいポイントです。

社会保険に入ることで様々なメリットもある

手取り収入のことだけ考えてしまうと、社会保険に入ることで減ってしまいます。

しかし、会社の社会保険に入ることによって、

  • 厚生年金に加入できるので、将来受け取る年金額が増える
  • 病気やケガで長期間休んだ時に、健康保険から傷病手当が受け取れる
  • 出産などの場合に、出産手当がもらえる

などのメリットがあります。

103万円が150万円になることで、一見メリットが多いように思いましたが、社会保険の壁の方が重要だと言えます。

配偶者控除の額が150万円に引き上げられたことで、社会保険の壁である106万円や130万円も引き上げる動きが今後あるのかどうかも注意したいと思います。

106万円や130万円をギリギリ超えそうな方は、超えないように働く時間を調整するほうが良さそうですが、働く環境が整っている方は壁を気にせず、どんどん働くべきだと思います。

老後資金を増やすためだけでなく、子供の教育資金や住宅費など、将来に備えて少しでも稼いだ方が良いからです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする